抵当権抹消・住宅ローン借換え

1.抵当権抹消

銀行など債権者からお金を借りた場合、債権者は貸したお金を確実に回収するため、不動産に担保を設定します。そして、お金を返し終わると(住宅ローン完済など)、「抵当権の抹消書類」を銀行等からもらえます。

この書類を使って、法務局へ登記申請することにより、自分の不動産についている担保を抹消することができます。

ご自身で行うことも可能ですし、司法書士に依頼することもできます。

専門家に依頼したとしても、抵当権抹消登記の費用は安い(一般的には、総額1万円~2万円)ので、余計な手間をかけず、確実に抹消したい場合は、専門家へ相談することをお勧めします。まずは、お気軽にご相談下さい。

2.住宅ローン借換え

現在の住宅ローンより低い金利のローンに借換えを行うことで、毎月の返済額を減らし、総返済額でかなり抑えられる場合があります。こちらは、各金融機関窓口や借換シュミレーションを利用して検討してみて下さい。

実際に借換えを行う場合、登記手数料や保証料等が発生しますので、この費用と返済額の減少部分を比べ、どのくらいメリットがあるか検討する必要があります。

お借換の登記手数料については、見積無料ですので、お気軽にご連絡下さい。

お電話の際にお聞きする内容は、下記事項です。

  • お名前
  • 新たにお借入する金額
  • 不動産の所在と個数
  • 抹消する抵当権の数

お気軽にご相談下さい。