相続・遺言

1.相続登記

不動産(土地・建物)の名義人が死亡した場合、不動産の相続登記を行います。不動産を相続する手順は下記のとおりです。

相続による不動産名義変更の手順

2.遺言

一般的には遺言(ゆいごん)と呼ばれていますが、法律用語では遺言(いごん)と呼びます。遺言は、15歳以上の人は作ることができます。

1.遺言の特徴

遺言作成のメリット

  • 自分が死亡した後の、自分の財産を自分の思うように配分できる。(本人の意思が尊重される。)
    遺留分の制限はあり
  • 将来の紛争・親族間のトラブルを回避することができる。
  • 財産(特に不動産)の遺産分割協議がまとまらないために、その財産の利用価値を著しく低下させてしまうことがあるが、遺言を事前に作成しておくことで防げる。
  • 相続開始後の手続きが容易になる。
  • 遺産分割協議による場合、発言力が強い人の意思が過剰に反映されてしまうことがあるが、遺言は本人の意思が尊重される。
  • 相続開始後、遺言の内容を確実なものとするため、遺言執行者を定めることもできる。

遺言作成のデメリット

  • 遺言作成の費用がかかる。

2.遺言の種類

遺言作成にあたりよく用いられる方法は、自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類です。

自筆証書遺言 自筆で日付・内容を記入、署名押印することで成り立つ遺言。
公正証書遺言 公証役場で証人2人の立ち会いのもと、作成する遺言。

遺言の効力を確実なものとするためには、紛失・改ざんの恐れのない公正証書遺言にすることをお勧めします。