取締役の任期

平成18年5月、「商法」の大改正があり、新たに「会社法」が施行されました。
この新会社法では従来の商法より実態に即した会社を作ることができるようになりました。従来の商法下では取締役の任期は2年と決まっていたのに対し、現在の会社法では非公開会社(株式の譲渡について制限している会社)においては定款で任期を最長10年まで伸ばすことができるようになりました。これにより任期変更をする登記の手間と費用を節約することができます。