任意後見契約

任意後見契約とは、本人が契約に必要な判断能力を有しているうちに、信頼できる人と契約しておく制度です。将来、自分の判断能力が衰えた時には、その人に財産管理や医療契約・介護契約の締結・手続きなどを自分の代わりに行ってもらおうという制度です。
裁判所が後見人等を定める法定後見と比べると、任意後見契約は本人の意思が尊重されます。また、本人の意思能力がはっきりしているうちに自分の意思で結ぶため、「契約」なのです。任意後見受任者は、本人の判断能力の低下を見て、家庭裁判所へ任意後見監督人(=任意後見人を監督する人)の選任申立てを行い、任意後見監督人が選任されて初めて任意後見契約が発効します。