見守り契約

支援する人が本人と数か月に1度電話連絡等を行い、将来の任意後見契約に移行させる時期を判断する契約です。見守り契約は一般的には、任意後見契約と一緒に公証役場で締結する契約です。
あくまで補助的な契約なので、緊急事態が起きた時でも、本人の代理人的な立場で支援することはできません。