任意代理契約

任意代理契約は、本人の判断能力がまだある時点で、自分の財産管理や身上監護の事務を支援する人にお願いする契約です。例えば、意識ははっきりしているが、体だけ不自由になってしまった場合に銀行の窓口で債務支払いの手続きを代わりに行ってもらう時などに利用します。
任意代理人(支援する人)と本人の間で、具体的に何を代理してもらうか、また、毎月の報酬はいくらにするかなどは、任意代理契約書で詳細を定めます。
この任意代理契約も任意後見契約とセットで結ぶことが一般的です。本人の意識がはっきりしている時は任意代理契約によりサポートし、判断能力が衰えてきたら家庭裁判所へ申立を行い、任意後見契約に移行させ任意後見人として本人をサポートします。