過払金

払いすぎたお金のこと。利息制限法を上回り、出資法に違反しない金利で貸し付けていた金融業者から借り入れていた借主は、本来利息制限法上に引き直して計算すると借入金の返済は終わっていたはずなのに、返済を続けたために払いすぎたお金のこと。