相続登記

不動産を相続した場合、法律上、相続人に所有権は移転します。権利を主張するためには、必ずしも相続登記を必要としません。
しかし、相続登記をしないで放置しているうちに何十年も経ちまた相続人が死亡した場合、当初よりも複雑な相続関係になります。また、放置しているうちに相続人が増えていくことにより、遺産分割協議をまとめるのが困難になってしまう場合があります。
こうしたことを防ぐためにも、相続が生じた早い段階で登記をすることをお勧めします。