遺産分割協議

相続人が遺言を残していない場合、財産は法定相続分で相続することになります。(法定相続分に)この法定相続分のままだと遺産が共有状態になり、管理等が困難になるおそれから、相続財産ごとの所有者を決める話し合いを行います。この話し合いを遺産分割協議といいます。遺産分割協議は相続人全員の参加が必要で、相続人のうち1人でも欠けている場合は無効となります。