特別代理人

相続人の中に未成年者がいる場合、家庭裁判所で未成年者の代理人となる者を選任する必要があります。この代理人を特別代理人といいます。未成年者にとって不利益にならないために、公平な遺産分割協議を行うために作られた制度です。通常未成年者の代理人は親ですが、親子そろって相続人となる場合などに問題となります。(例えば夫が死亡し、妻と未成年の子供が相続する場合)また未成年者が複数いる場合はその未成年者ごとに選任する必要があります。