親族の成年後見人を探しています。成年後見人になってもらえますか?

本人や関係者と面談の上、成年後見制度を利用すべきケースであるかをまず判断します。成年後見制度を利用すべき場合であり、本人と何度か面談した上で、本人の意向になるべく沿った形で、身上監護・財産面においてサポートができると判断できれば検討いたします。

後見人という本人の財産を守り、身上監護を目的とする重要な立場である以上、慎重に検討し、判断します。